海外では「ありのままの自分」にこだわりすぎない方がいい。

**************************************

自分発見!体験セッション(120分・無料)

コーチングに興味がある。どんなものか体験してみたい。という方のための、
120分無料体験セッションです。

自分発見!体験セッションの詳細はこちら。
*********************************

 

「ありのままの自分でいる」

 

言葉自体は、とても素敵だと思います。

 

自分を偽ることなく、無理することなく、自然体でいきていく。

 

素敵ですよね?

 

 

でも、対人関係の場においては、
この「ありのままの自分」にこだわりすぎると、
失敗するケースもあるので、要注意です。

あなたが海外にいる場合は、特に気を付ける必要があります。

 

まず、当たり前ですが、人は一人ひとり違います。

 

同じことを、AさんとBさんに言っても、
その受け止め方は、まったく違うかもしれません。

 

例えば、あなたが、同僚Aさんに対して、
「あなたって、能天気ね。」
と言ったとします。

すると、Aさんは、
「あはは、そうなの。よく言われるのよね~。」
と、丸っきり気にせず、けらけら笑い飛ばすかもしれません。

 

しかし、このセリフを、あなたの別の同僚Bさんに言ったとしましょう。
Bさんは、
「そんなことないわよ!」と激しく怒って、その場を立ち去ってしまうかもしれません。

 

 

「私は、誰に対しても、思ったことを素直に言うの。
だって、これが、自然で、”ありのままの私”なんだもの。自分にウソはつけないわ。」

そうあなたは言うかもしれない。

 

あなたが「こんな私を理解してくれない人とは付き合わない。」
と考えているのなら、別にそれでもいいでしょう。

 

でも、もし、あなたが、人によって言い方を変えていれば、
今以上に、友人が増えるかもしれない。
今以上に、職場で円滑なコミュニケーションが取れるかもしれない。

 

「ありのままの自分」にこだわりすぎることで、
もしかしたら、あなたは損をしていることがあるかもしれないのです。

 

ましてや、あなたが海外に住んでいる場合、
その国の文化や考え方を考慮せずに、「ありのままの自分」にこだわり続けることは、
完全なる自滅行為といえるでしょう。

 

あなたの「ありのまま」は、他国の「失礼」である可能性もあるのです。

 

別に、あなたのキャラクターを全部変えろと言っているわけではありません。

住んでいる国や、話す相手によって、
あなたの言動を、多少変えていけばいいだけです。

 

前の国では、少しくらい強引でもよかったけれど、
この国ではそういう行動は控えたほうがよさそうだな、
とか、

部下のCさんは、結構プレッシャーを与えても大丈夫だけど、
Dさんは、プレッシャーを与えるより、何も言わずに見守ったほうがいいだろうな、
とか。

 

住んでいる国や、関わる相手によって、
あなたの言い方や立ち振る舞いを少しだけ変えるということは、
あなたが今滞在している国や、あなたの関わる相手をリスペクトした、とても大人な行為だと、私は思うのです。

*********************************
12-WEEK PROJECT

海外で理想のキャリアを見つけたい!
海外にいる間に、日本に帰国後の新しいキャリアを見つけたい!

そう願うあなたに最適のワークです。
12-WEEK PROJECTの詳しい内容はこちら。

*********************************