this is a page for

Category: 海外生活を楽しむコツ

ぼっち駐妻が、心に留めておくべき4つのこと。

********************************* ☆無料メールマガジン 「しなやかで潔い駐在妻になるための、シンプル・ルール20か条」 「駐在妻生活を楽しめる知恵を学びたいけど、めんどくさいことはしたくない」という方のために、 読むだけで、海外生活を思う存分楽しめるようになる、20個のルールを集めた無料メールマガジンです。 →登録は、こちらをクリック! ************************************** わたくし、最近、”ぼっち駐妻”という言葉を、 ヤングな友人より習いました。   最初聞いたときは、 ”ぶっち駐妻” と聞き間違えて、 「約束をドタキャンする駐在妻」 だと思ってました。   知ったかぶりして、 「ねぇねぇ、”ぶっち駐妻”って、知ってる~~!?」 なんて、周りの人たちに自慢しはじめる前に、 再確認しておいてよかったです。ホッ(´▽`)。   この”ぼっち駐妻”は、 ”ぼっち駐在妻” でも、使えるようです。   その名の通り、 友人もいなく 家に引きこもり、 一人ぼっちで、海外生活している駐在妻 のことを指すようです。   そして、この対極にあるのが、 ”キラキラ駐妻” だそうです。   キラキラ駐在妻は、 いつもたくさんの人に囲まれて、 趣味やお食事会などに忙しく、 毎日とても充実している感じの駐在妻のことだそうです。   &nbsp…

友達の成功を素直に喜べない時

あなたとAさんは、写真家の卵です。 とある交流会で知り合い、とても気があうので、 よくお食事をしたり、電話で話をしたりしています。 先週末、あなたがお家でのんびりしていると、 Aさんから興奮気味のメッセージが。 「〇〇さんの事務所で働けることになったの!」 〇〇さんは、日本でも有名な写真家で、 彼の元で働きたいと願う写真家の卵はたくさんいます。 でも、その偏屈な性格から、なかなか弟子を取らないことでも有名です。 実はあなたも密かに〇〇さんの事務所で働きたいと思っていて、 履歴書や作品を送ったり、 〇〇さんと知り合いだという知人に頼んで、 口ききをしてもらったのですが、見事に激沈。 「きっと〇〇さんは、当分弟子をとらないことにしたんだわ。」 と、無理やりポジティブに考えている最中でした。 大切な友人が、夢をかなえるための第一歩を踏み出し、 本当だったら、「おめでとう!!!」と喜びたいところですが、 あなたの気持ちは複雑です。 「私だって、〇〇さんのところで働きたかったのに・・・。 私に何が足りなかったんだろう。どうしてAさんが選ばれたんだろう。 私の方が、いろんな賞ももらってるのに・・・。なんで!?どうして!?」 といった感情がむくむく湧き上がってきます。 そして、A さんのことを、素直に喜べない自分に自己嫌悪に陥るのでした。 **************************** こんな経験、したことありませんか?       一般に、 人は、自分と近しい境遇の人であればあるほど、嫉妬や妬みの感情をもちやすい、といわれています。     &nbsp…