this is a page for

Monthly Archives: May 2017

AHPのお部屋の様子

  今日は、出産後に数泊した、アメリカンホスピタルのお部屋の様子について。   まず、お部屋の種類ですが、全て個室です。   マタニティユニットには、一番室数が多いデラックスルーム(このお部屋がレートが一番安いです)を筆頭に、 スイートも含め、15室、お部屋があるようです。   私は、デラックスルームに滞在しました。 お部屋の感じはこんな感じです。 夜撮ったので、ちょっとみずらくて、すみません!   アメリカンホスピタルのサイトから画像をお借りしてみました。 日中だと、こんな感じです。   広々していて、とても居心地がよかったです。 ベーシックのデラックスで、十分満足だったのですが、スイートだと、もっと素敵なんでしょうねぇ。   ベッドの隣には、小さな洗面台(?)があります。 ここで赤ちゃんのおむつを取り替えます。 右側に、おむつ替えパッドがあるのですが、この真下に大きなゴミ箱があるので、 使用済みおむつをすぐに捨てれて便利です。   テレビは、日本のテレビチャンネルもあります。 私は、自宅で日本のテレビを見ることができないので、ここぞとばかりに、ずっと日本のテレビを見ていました^^ 付き添いの方が一緒に滞在される場合は、スペアベッドを入れることができます。 一晩、€78…

アメリカンホスピタルで出産(その2)

実録(?)アメリカンホスピタルで出産、第二段です。 (第一弾は、こちらをクリック!)   さてさて、陣痛らしきものが始まり、病院に行くことになった、わたくし。 車の中で、もがき苦しみ、午後8時半に病院に到着。   車から降りて、やっとの思いで、メインエントランスにたどり着いたものの、 なんと、メインエントランスは、   午後8時で閉まっていました・・・。   意外に早く閉まっちゃうんですね^^;   警備員さんに、救急外来用のエントランスに行けと言われ、 スロープを下がって(これが辛かった・・・)、またやっとの思いで、救急外来用エントランスへ。   今回は無事に建物内に入ることができて、看護師さんがすぐに車椅子を手配してくれました。 そして、そのままマタニティセクションへ。   この移動の間も、陣痛の痛みに耐えながら、 「この道は、無痛分娩の道へとつながっているのよ。もう少しの辛抱よ~。」 と、自分で自分にエールを送り続けていました。 &nbsp…