自分の正しさを証明したいとき

パートナーや友人とちょっとした言い合いになった時、
自分の方が正しいんだ!
と、必要以上に躍起になって、それを証明しようとしたこと、ありませんか?
 
 
私はあります^^;特に夫に対して。
 
 
物理的・科学的証拠を突きつけて、
「ほら、だから、私の方が正しいのよ」って。
 
 
私の意見が正しい=あなたの意見は間違っている
という公式になるわけで、
間接的であれ、『あなたは間違っている』と言われた方は、たまったもんじゃありません。
 
 
でも、思えば、自分が正しいことを証明したところで、
後に残るのは、自分自身に対する、ゆがんだ満足感だけなんですよね。
 
 
相手には、なんのポジティブな感情も残らないから、
「もうこの人と意見を交わすのはやめよう」とか
最悪、「もうこの人と付き合うのはやめよう」
なんて思う人もいるかもしれない。
 
 
そして、自分が正しいことを必要以上に証明しようとする行為は、
自分に自信がないことの表れでもあるんですよね。
 
 
周りの人に、自分のことを認めてほしい!という思いの表れ。
 
 
自分に自信があれば、
自分の軸がしっかりしていれば、

他人と違う意見になった時でも、

「私はこう思うけど、この人はこう思うんだな」

と自然に思えるんだと思います。
 
 
そう思うことができる人は、相手と意見を戦わせる必要もないから、
その後も、相手と良好な関係を築くことができます。
 
 
あなたがもし、
必要以上に、自分の正しさを証明しようとしている時、
この質問を自分に投げかけてください。
 
 

Do you want to be right or do you want to be happy?
(あなた正しくいたいのですか?それとも、ハッピーでいたいのですか?)