その夢は本当にかなえたい夢ですか?

「新年の抱負」をしっかり失敗させるコツ。

でも、少し触れたのですが、今日は、夢や目標設定について、少しお話したいと思います。

私のコーチングをうけてくださるクライアントの中には、
セッションを開始する前からすでに、
「私には、こういう夢があって、これをどうしてもかなえたい!」
と心に決めていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

その決意がどんなに固いものであるように見えても、私はまず、
その夢は、本当にクライアントが、叶えたい夢なのか?と疑問に思うところからスタートします。

そして、その設定されている夢や目標について、
とことん、質問をして、とことん、お話を伺います。

すると、中には、
「うーん、自分では”絶対かなえたい”と思っていた夢だったけど、実は周りの意見を気にしていただけかも。」
とか、
「私は、この夢じゃなくて、本当はもっとかなえたい夢があったんだ!」
といった発見をされ、軌道修正をするクライアントもいらっしゃるのです。

そして、その確認をしながら、
クライアントが、どこまでその夢や目標を叶えることに対して真剣なのか、
クライアントの本気度も、同時に確かめてしまいます。
(なんだか性格が悪いコーチですみません)

だいたいの場合、
「本当にかなえたい夢や目標」だった場合、本気度が高いケースが多いのですが、
稀に、本当に、ごく稀に、
夢や目標はあるし、その方向性は絶対間違っていないものだけど、
クライアント自身の、「絶対叶えるんだ!」という本気度が微妙・・・というケースもあるからです。

「本気度微妙」のお一人だった、とあるクライアントに、その後、お話をよーく伺うと、
どうも現状に十分満足されていらっしゃるようで、
実は、心の中では、その先のステップアップを望んでいらっしゃらなかった、ということもありました。

皆さんが、夢や目標について、思いを馳せるとき、「これは私が本当にかなえたいことなのかな?」と、
一度ご自分を疑ってみるのも、有効かもしれません。